スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月29日なばなの里

所用で前日から来ていた叔母を誘って長島の「なばなの里」へ行きました。
ここは一年中何かしらのお花が咲き誇り、とてもきれいなところです。
我家から30分ほどで行けるのも便利です。
今は「ダリヤ・コスモスまつり」をやっていました。
まずは常設の「ベゴニアガーデン」へ。
なばなの里1
これでもかと言うほどのベゴニアに圧倒されます。20センチ以上もある花が雛壇に並び、天井からは枝垂れるタイプのベゴニアが見事に花をつけています。

園内のイタリアンレストランでゆっくりお食事をして、園内をそぞろ歩きです。高低差があまり無い平坦な作りになっていて、歩いてもあまり疲れませんし、高齢者や車椅子の障害者の方もたくさん来ていらっしゃいました。


なばな3
130万株のコスモス園です。コスモスは花の盛りは過ぎていましたが、全体に見るとまだまだきれいでした。
このコスモスの外周にダリアが植えられています。これが又、見たことも無いような大輪!
なばな2
写真の花ではありませんが「本日の最高大輪」とされる花は直径38センチだそうです。

美味しいものを頂き綺麗なお花に囲まれ、リフレッシュした一日でした。
「冬になってお花が無くなったらどうするのかしら?」等と言うのはいらぬ心配で、冬に向けて電飾の準備が着々とされていました。
池にも電飾、世界最大?の電飾トンネル、それを上から見るための展望台、冬になっても楽しめそうですね。
スポンサーサイト

10月8日彼岸花

はっきりしなかったお天気が、お昼から少しよくなってきました。
せっかくのお休みです、何処かへ出かけたいのですが時間もないし、混んでるところはイヤなので、車で30~40分ほどの彼岸花の群生に行って来ました。
彼岸花1

川の堤防に沿い1キロくらいにわたって彼岸花が咲いています。もう花時は過ぎていましたがまとめて見ると、まだまだ鮮やかです。
お墓に生えていたり、根っこに毒があることから嫌う人もいるようですが、一本一本のかがり火のような繊細さと華やかさはとてもきれいです。
根っこに毒があるので「モグラ避け」(モグラが食べると死んでしまうから?)になり、昔から川の堤防に植えられたそうです。

彼岸花2

白花もところどころに咲き、アクセントになってステキでした。

10月7日癒されたい方に

酷暑の夏を死に物狂いで乗り切ったせいか。心も体もささくれ立っているような気がします。

最近のカレンダー、3連休がイッパイですが、祭日とあまり関係ない勤務の家族にとっては、いったい何の祭日やら覚えられず、「電車の時刻表が違っている」とか「大型スーパーにやたらに子供がいる」とかで、祭日と気付くこの頃です。
パッピーマンデーとやらは、あまりありがたくないです。












これは知ってる方のブログからお借りしてきた「むん君」というキャラクター。
最初は「なんじゃこれ?!」と思いましたが。見ているうちにたいした手品じゃないのにひたむきに一生懸命苦労してくり返してくれるむん君に愛着さえ覚えてきました。





munkun.gif



私はとても癒されるのですが……思い入れが強すぎるのでしょうか?

10月1日お誕生日ランチ

いつもの4人組の友人達と、「夏を乗り切ったお祝い?」「私の誕生祝」のランチをしてきました。
まず、美人画の巨匠達「清方・深水・紫明展」を見て、心に栄養を補給します。これも大事なことです。


そして、今日のセレクトは、名古屋に新しくできた「中村孝明NAGOYA」です。
ご存知料理の鉄人の和食部門の方です。
ダブルお祝い?なのでランチの中で最高のコース料理にしました。
携帯で写したので、チョット小さい写真ですが、そのすべてをお見せしましょう!

1
テーブルセッティングです。

2
「前菜 季節の旬菜盛り合わせ」
秋刀魚寿司とか、くらげとか色々美味しいものがチョコットづつ

3
「吸い物 薄葛仕立て ~上海蟹味噌の玉地蒸しと一緒に~」
上海蟹味噌の存在がいまいちわかりませんでしたが、美味しいかったです。

4
「お造り 戻り鰹のサラダ仕立て 香味野菜と胡麻ポン酢で」

5
「合肴 海老芋の白煮 ~湯葉と水菜の餡をたっぷりかけて~」
餡のお味がとても良かったです。スプーンとかがついていなかったので、お行儀が悪いけど器から直接いただきました。
残しては置けない美味しさだったんですもの…

6
「メインディッシュ 豚の角煮 朴葉焼き ~和辛子風味の馬鈴薯ソースといっしょに~」
朴葉のお味噌が勝ちすぎて、角煮のお味が味わいにくかったのが残念でした。朴葉の下には小石がひいてあったりして、演出は素晴らしいです。

7
「食事 黒米の萩ご飯 味噌汁 香の物」


8
「デザート 白胡麻のブランマンジェ ~巨砲の蕨餅を浮かべて~」

以上です。
ランチにこんなにご馳走を頂いたので、夕食は作り置きして冷凍しておいたカレーでした。
家族の皆さん、ごめんなさい!

9月29日東方展

知人の日本画家の方が主宰する「東方展」を見に行ってきました。
春の展覧会は全国規模ですが、秋の展覧会はこの地方の方ばかりの展覧会なので、こじんまりとしてゆっくりと見せていただきました。
東方展1

 
日本画と言っても、近代的なイメージでとても親しみやすい。
顔料を油で溶いて描くのが洋画で、にかわで溶いて描くのが日本画と思えば良いそうです。

東方展2


私は学生時代に授業で少し絵を描いたっきりですが、画を見るのは大好き。描いた方の心が自分に伝わってくるような画との出会いを大切にしたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。