スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お箸の上手な持ち方

ちょっと前、テレビの「和風総本舗」という番組で、お箸の正しい持ち方について紹介していました。
この番組、ちょっとお気に入りで、最初に出てくる「豆柴君」(ワンコ)も愛らしく、紹介される和風スイーツも美味しそう。
内容は日本人としての常識やことわざや言葉の使い方なんかをクイズ形式で紹介するものです。

実は私は「お箸の持ち方」については大変コンプレックスを持っております。
ちゃんと学習しなかったというか、「これで良い」と自分で勝手に決めて持っておりまして、常識ある?大人になったときにはちゃんとお箸を持てない(持つことはできるのですがとても下手)人になっておりました。
子育ての時は「お母さんを見習ってはダメよ。お父さんの持ち方を真似しなさい」と言うぐらいコンプレックスでした。

なので、今回のこの番組は永久保存して何度も繰り返し見てコッソリ勉強しようと思っています。
と、大げさに書きましたが、そんなに変じゃないと秘かに思っています。(ダメだなこりゃ!)

実は最近、そのお箸の業を実践する機会に遭遇したのです。
それは食卓ではなく庭で披露されることになりました。

えぇ~と
ブログを読んでくださっている方にはお馴染みの我が家の桜、そう、サクランボが鈴なりになる桜の木に、何やら毛虫が大発生!。
普通なら消毒するところですが、毒で死んで落ちた毛虫を我が家のワンコ達が口にしたら一大事じゃないですか!
そこで1匹ずつお箸で挟んで取るという気が遠くなる作業を始めました。
毛虫は毎年少なからず発生するのですが、早期発見して小さいのがウジャウジャかたまっている時に枝ごと切り取り棄てると、被害は大きくならずにおりました。
今年は少し油断して、気付いた時には葉っぱはほとんど食べられて、毛虫は大きいものは5センチくらいにも育っていました。
私はゴキブリの次に毛虫が嫌いですが、そんなことは言ってはおれません、毎日数を数えながらお箸で挟んで取るという作業。(合計では1000以上になったと思います)
もう少しお箸使いが上手かったらどんなにか楽だったかと、反省しました。
(お箸の練習しょ~っと!)
今日、完全とはいえないまでも目に見えて減りました。でも、葉っぱもほとんど無し!。
手の届かない高いところにいる毛虫はどうしようかと思いましたが、良くしたもので(良くは無いけど)食べる葉っぱが無くなると食べ物を探して下に降りてきます。そこを上手く挟みます。

可哀想な桜の木は時期外れの落葉状態です。
来年、花は咲くのでしょうか?美味しいサクランボはなるのでしょうか?

スポンサーサイト

夏の旅

記録的な長引く梅雨ですが、以前から計画していた夏の旅に出発しました。
高速料金が安くなる土曜日の朝、渋滞を覚悟で高速に乗りました。

曇り空で、行楽気分になれないせいか、思いのほか車が少なく渋滞といえるほどの渋滞は無く、大雨に降られたりしながら、第一目的地の「箱根芦ノ湖」に到着。
ワカサギフライ
まずは腹ごしらえと名物の「ワカサギのフライ定食」をいただきます。
同行の旦那様は「ワカサギの天ぷら定食」

箱根は子供の頃に行ったっきりですが、お正月の「箱根駅伝」でお馴染みのせいか親しみが感じられます。
観光客気分になるために「芦ノ湖遊覧海賊船」にのりました。
海賊船1
こんなおじさんが乗っていて海賊気分です。

海賊船3
標高が高いせいかデッキにいても暑くなく、芦ノ湖を楽しみました。
お天気が良いと、素晴らしい眺めなんでしょうが、生憎のお天気。でも雨に降られなかったのは幸いでした。

海賊船2
全景はこんな感じ。湖ですれ違ったもう一隻の海賊船です。

箱根といえば「関所」でしょ!
関所
これは見張り台から見た関所です。
資料館にも行きました。

後、駅伝の記念碑を見たり、お土産の定番「寄木細工」を買ったりして、箱根を堪能して、
神奈川県厚木に向かいます。
箱根からの道路はよく整備されていて良い気分で2号君の家へ着きました。
愛しの「ゆきミニちゃん(孫)」と1ヶ月半ぶりの対面。旦那様は3ヶ月ぶりです。
突然現れた知らない顔にびっくりされちゃいました。
こういう風にお顔が識別できるのも知恵付きですね。
まるでおしゃべりしているように声を出したり表情が色々変わったり成長を感じました。
夕食をご馳走になって、近くのホテルに移動。
ゆっくり休ませていただきましたよ。

さて、次の日ですが色々な計画(ケーブルカーに乗るとか、ダム湖を見に行くとか)が有ったのですがどしゃ降りのお天気で全部ダメ。
車で走っていても前が見えないくらいの雨でした。
しょうがないので、お店を散策したりレストランでお昼頂いたりして、今日のお宿の「飯山温泉 元湯旅館」に早めにチェックイン。
元湯温泉
ここは2号君の家からも近く、夕食を一緒にとるという計画です。
ゆきミニちゃんが産まれてから外食もままならないでしょうから、ゆっくり温泉につかってお料理を食べてもらうつもりです。
タヌキの置物がシンボルマークのお宿は、お湯も美人の湯というツルツルのお湯だし、お部屋は古いけど離れ風に建っていて、ゆきミニが少々泣いても大丈夫です。
パパとじぃじとばぁば、3人がかりでお相手しましたが知らない所だとわかったのでしょうか、15分もしないうちにぐずりはじめ、抱いてもダメ、歌ってもダメ、踊ってもダメ。
ママの顔を見るまで、大泣きでした。
「場所見知り」とでも言うのでしょうか中々ご機嫌が直らず、お嫁ちゃんはゆっくりお食事が出来たか心配です。
夕食1
夕食2
鮎の塩焼きの他に鮎のお刺身や鮎雑炊と鮎尽くし。季節のものがいただけてよかったです。

夕食3
サッパリ和食の中に「トマトのグラタン」。
初めて食べました。珍しいものを食べるのは大好き!
丸ごとトマトの中にホワイトソースが入り、チーズをかけて焼いてあります。
お料理の中のアクセントになり美味しかったです。

2号君ご一行を見送り(2号君達は宿泊はしないので)、お宿が用意してくれた搗き立てのお餅を頂きお部屋に戻りました、
ちなみに私はそれから温泉に入ったのですが、誰も入っていなくって広い温泉を独り占め。
でも、寂しくって怖くなりました。
あんまりお風呂が広いのも考えものですよね。

さて三日目。
今回の旅行の本当の目的はこの日です。
お嫁ちゃんとゆきミニちゃんをお嫁ちゃんのご実家に送り届けるという大役があるのです。
頑張って奮闘していたお嫁ちゃん!
少しご実家のご両親に甘えて体力を回復してもらうつもりです。
ゆきミニちゃんにとっては始めての長距離ドライブ、心配しましたがマアマアのご機嫌でした。(最後の一時間はちょっとぐずりましたが)
ご実家に着いたら超ご機嫌で、ご両親は3ヶ月ぶりの成長に喜んでくださいました。
お世話になりますが、見てるだけで楽しい可愛いゆきミニです。
孫パワーをイッパイもらって下さることでしょう。

無事送り届けられたし、観光気分も味わえたし、充実した夏の旅でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。