スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「憧れのエジプト」モスクとエジプト考古学博物館

エジプト観光も最終日です。
連日、気が遠くなるような昔の遺跡に夢の中のようです。

今日はエジプトの現在の宗教イスラム教のモスクを観光します。
国中がイスラム教なので、クリスマス前なのにクリスマスっぽいものはホテルの中だけです。
ちょうどイスラムのお祭りとかで、モスクはすごく賑わっていました。
モハメッドアリモスク1
これはモハメッド・アリモスクで、城塞に囲まれています。新しいと言っても1000年前ぐらいのものです。

サルタンハッサンモスク
こちらはサルタン・ハッサンモスクです。

お昼からはエジプト考古学博物館の見学。(カメラ・ビデオ撮影禁止)
今回の旅の総集編(復習)のような感じで、ツタンカーメン室の黄金のマスクや装飾品に感嘆し、ミイラ室のたくさんのミイラ達の超長い間の眠りに思いをはせました。
そんなに広くない場所に、雑然と言ってもいいくらいに発掘品が飾られ、エジプトの歴史を感じます。

最後に「ハン・ハリー市場」に案内してもらいました。
言い値で買ってはいけない市場です。
少なくとも半値くらいに値切ってみました。
でも、ここで買ったもの、「チョット怪しい象嵌細工の小箱」「金属にくっつかないツタンカーメンのマグネット」など、楽しかったけど、これはアリなのでしょうか?


毎日感動の連続だったエジプト旅行、ツアーの皆さん達総勢20名は旅のベテラン(10回20回は当たり前)ばかりで、トラブルもなく、楽しい旅行でした。
もっと居たい気持ちと日本も恋しい気持ちの両方で、また1日がかりの日本へのフライトのためにカイロ空港に向かいました。
スポンサーサイト

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。