スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月20日 初釜

昨年の、春からお茶のお稽古をはじめました。お嫁に来る前に一応お免状も頂いていますが、何しろ「うん十年」たっています。スッカリお手前は忘れております。
流派も違うので、初心者としてお稽古しておりました。
そして、今日は初釜、と言っても社中の皆さんの会なので、気楽に和気合いあいでとのことで行ってまいりました。
久しぶりの着物、何を着ようかと悩みましたが、亡くなった母の色無地に母が買ってくれた名古屋帯を締めました。
自分では着れないので美容院で着せてもらいましたが、もうチョット痩せないと、格好良く着られないことが判明(わかってはいましたが…涙)。
次の機会までには痩せなくっちゃ!と決意しながら、美味しく点心やお饅頭を頂いてきました。

母の着物を着たことで少しは供養になったかしら?
母は色々と着物を持たせてくれましたが、着ていないまま派手になってしまったものもたくさんあります。自分で着れるようになって、ちょっとしたお出かけはお着物でいけるようになれると良いなぁ

スポンサーサイト

COMMENTS

No title

お母様の着物を着れるのね。
私は、亡き母とは、10センチ以上身長が違うので、形見にもらった着物、着れないんですヨ。
和ダンスは、嫁ぎ先のM家に置かせていただいていて・・・義母は、母と身長が近いので、「着て下さい」って、言っているんですけど、着てくれてるのかなぁ・・・。

虚無僧様

私もおはしょりが少し足りないのですが、上手にごまかして着付けてもらいました。
でも、若い頃の着物は身幅が足りないの(涙)
帯もギリギリで…
痩せねば…

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。