スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機織り作品展

何年も前から卓上の機織り機で好きな小物やマフラー等を織っていましたが、
3年前に市が主催する「機織り体験の講座」に参加し、その後三河木綿の織物を伝承する同好会に入りました。
市民の方から寄贈された古い織機を使って昔ながらの手法で織ることを勉強する会です。

機織り展示会4
こんな古い機織り機を使って、簡単な平織りから難しい変わり織りまで8年間かかって学びます。
10月の末から11月の半ばまで展示会が、歴史資料館で開かれています。
これは3年に1度開催されるもので、自分の織った布で作った作品を展示するものです。


機織り展示会3
これは昨年度に勉強した「回り経り」という手法の半巾の帯です。
右端の赤いのが私の作品

展示会バッグ
2年目に勉強した縞の布と3年目に勉強した回り経りの布を組み合わせて作った袋物です。
回り経りの布は裂き織りなので生地が硬く、縫うのが大変でした。

皆さんそれぞれ立派な作品を作っていらっしゃいます。
機織り展示会1
お洋服なんかもステキですね。
学習中の8年間は白と藍染の糸しか使えないのですが、卒業した先輩方はご自分で染めた色糸を使ってきれいな布を織っていらっしゃいます。

また展示会に来てくださったお客様のために体験コーナーもあり、裂き織り(裂いた布を横糸に使って織る)を織ることができます。
機織り展示会2
先日お友達が見に来てくださって、それぞれステキに織ってお土産に持って帰りました。
思いがけない色や風合いが出て、楽しそうでした。

古い道具を保存するだけでなく、その使い方も伝承していくことは大切なことのような気がします。
新式の機械なら、あっという間に織り上げるのでしょうが、昔の人たちが家事や仕事の合間に家族のために織っていただろうと考えると、何か暖かいものを感じるのは私だけかな?
スポンサーサイト

COMMENTS

お祝いメッセージありがとう

先日来、「那須乃」のベビーを、何度となく見に来て下さって、ありがとうございます。
「ドル」が高齢ですし、前回、「あおい」にもつかなかったので、どうかと思っていましたが・・・ともかく、元気な子犬が産まれて良かったです。
この子達・・・特に、ピアス君は、いままでになく、カッチリ固太り!
頭は丸く大きくて・・・いい感じなのですが・・・オスってのが・・・「ドル」との相性が、ねぇ・・・。
でも、オスはとても可愛いので、最後の子犬として、この子を残すか・・・迷っています。

虚無僧様

えぇ、毎日2度3度とお邪魔して癒されています。
私のお気に入りのドル君と那須乃ちゃんの赤ちゃんですもの、一目惚れです。
絶対、ステキなワンコになりそうですね。
将来を見届けたいので、我が家にお迎えしたいくらいですが、そうもいかず……お宅に残るのなら嬉しいけど、ドル君との関係が難しいかなぁ。
我が家も、マナがボスの座を狙っているようで、私がミリやノアを叱っていると、一緒になって文句を言っています。(「あんたの出る幕じゃない」と言っておきますが)

ダル君もピア君もどこに行っても幸せに立派なワンコになりそうです。
良いご縁があるといいけど、もったいない気も……

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。